■登場人物
■シラエ ソウ
 双子。子供の時から自分の顔の価値を知っている腹黒男。話は主に中学〜高校くらい
■シラエ セリ
 双子。感情の起伏に乏しい冷めた女の子。高2からモギと付き合い始める
■マキタ マユコ
 ソウに逆らえないシラエ家のご近所お姉さん。5歳上
■モギ マモル
 同級生でセリの彼。怪我で学校が1年遅れている。


■本文  ()内が視点 時系列は崩してます →時系列TOP *=不健全な描写ありR-15
 ▼1番下に行く
■放課後のプリズム(セリ) セリとモギ 教室で
■神解け(マユコ) ソウ中3 マユコ専2 日常的攻防
■思春期コンプレックス(ソウ) 童顔と言われると怒るソウ君
■それは驟雨(セリ) 朝学校に来ると
■レッドゾーン(モギ) うだうだと考え事をするモギ
■蝶が舞う(マユコ) 「神解け」の続き的な
■麦浪に沈む(セリ) 雨降りの午後、傘の中に闖入者
■ソーダ水(ソウ) ソウ中3 マユコ専2 学校の帰り道で
■太陽がいっぱい(マユコ) マユコ専2 ある日曜日の午前中
■失はれる回転軸(セリ) 初めてデートらしいデートをした日の話
■春告鳥(ソウ) ソウ中2 マユコ専1 冬休みに
■お嬢さん、お入んなさい(モギ) 小さなことに喜ぶモギ
■spider web(マユコ) ソウ小5 マユコ高1 出会い
■人形と糸*(ソウ) ソウ高1 自分を動かせるのは自分だけ
■水仙の花は闇に咲く*(セリ) ソウとセリ高1 セリはモギと知り合う前
■臥竜遠雷(モギ) 「梅雨入り」の続き…?
■朧雲とはつゆ知らず(マユコ) ソウ小5 マユコ高1
■通りゃんせ。*(セリ) 付き合ってすぐ、噂話を耳にしたセリ
■ムチの次は雨(ソウ) 「spider web」ソウ視点的な
■徒花(マユコ) 双子小5 マユコ高1 夏の思い出
■合歓の花(セリ) セリとモギの馴れ初め
■黒猫(モギ) モギののろけ
■吠える三日月*(ソウ) ソウ高1 マユコ専3 驚かし作戦失敗
■梅雨入り(セリ) セリの暇つぶし
■千早振る(マユコ) マユコ専2 突然受けた告白
■踏みにじられた花に名はないだろう
 (セリ)
埋み火は燃え続ける
■喰らいつくほどに夢から醒めた
 *(ソウ)
ソウ高1 幸せは誰が持ってるのだろう
■光が消えないうちに(モギ) セリとモギ 図書室でお勉強
■春うらら(マユコ) ソウ高1 マユコ専3の春
■暁、灰よせとなりて、あだし野にむかふ
 *(ソウ)
「徒花」のマユコと同じ歳になったソウ
■バニラアイスクリーム*(セリ) 夏休み最後、モギに宿題を強要
■いかむねからあ(ソウ) 双子高2 親戚の結婚式に参加
■薄ら氷渡る(マユコ) マユコ専3 春と電車と高校生と
■時津風(モギ) 通院を続けているモギの励み
■回帰航路(セリ) 別人のように見えたモギ
■やまどりの尾のしだり尾の(ソウ) ソウ中3 マユコ専2 雨とパフォーム
■アウトストラーダ(セリ) 敬老の日に誘われました
■脆弱な、この僕の世界を*(モギ) 支えるのも壊すのもあなた(モギ誕後)
■春霞*(ソウ) ソウ高2 煙を作るのをやめた日
■歌う鳥籠(セリ) 歩くリズム 跳ねる黄色
■ダイダロスは空を見上げて笑った(モギ) セリに出会い、モギの世界は狂った
■永遠の一瞬を(マユコ) マユコ専3 卒業近い冬
■墨染に横切る雲*(ソウ) ソウ高2 マユコ社 冬、2人の間に
■嘘つき阿瞞ディエ(セリ) モギが知らずセリを待っている事実
■綿帽子ゆらゆら(マユコ) マユコ社 久しぶりにセリに会う
■無聊フリッター(セリ) ご機嫌斜めセリ
■糸遊(マユコ) 社会人マユコ夏休み アイス第2弾
■つみきくずし(モギ) 流行のいやがらせ
■六花グラス(モギ) また家にやってきたセリ 夏の残り
■怨嗟交差*(セリ) 双子高2 互いへの苛立ち
■狂える雲(セリ) 噛みついてやる
■天気予報(ソウ) ソウ中3 マユコ専2 あれはなに?
■片糸鳥泣く(ソウ) ソウ高1 マユコ専3 うたた寝のあと
■白と黒(マユコ) ソウ高1 マユコ専3 台風襲来
■百鬼夜行(ソウ) ソウ小5 ヒミツのこと
■for your patience(セリ) モギ誕当日、喧嘩勃発
■アマデウス(モギ) 幸不幸のターニングポイント
■梅の立枝の鶯(マユコ) マユコ社 熱を出し寝込んだマユコの夢
■荒苦路アレグロ(ソウ) ソウ高2 とりあえず俺の好みを覚えろ
■キリエ・エレイソン(セリ) 乙女セリ(モギ誕後)
■ゆるしの秘跡(モギ) かつてない苦しみ
■夜さりヴァルハラに*(セリ) 「愛しきラグナロク」と対
■金環日蝕(ソウ) ソウ高2 マユコ社 最後の言葉
■狼の冬(セリ) やり過ごせないものをどうしたらいい
■華のウテナ(マユコ) マユコ社 小さな野望に囲まれる
■仇潮緒アダージョ(マユコ) ソウ高2 マユコ社 とりこぼすな
■霍乱草臥れる(マユコ) マユコ社 太陽につかれたから
■ラクリモサ*(モギ) 拒絶 絶望 敗北 セリの愛するもの
■告天子の春(マユコ) ソウ高2 マユコ社 太陽の取り立て人
■愛しきラグナロク*(モギ) 「夜さりヴァルハラに」と対
■夢に楽土を求めたり(モギ) 与えられるだけ与えたい
■皆既月蝕*(マユコ) マユコ社 私は何と勘違いした。完結
 ▲上に戻る 

■番外編
■好きだって言った(ソウ マユコ) 5周年記念お題1
■遊びとか気紛れとか(セリ モギ) 5周年記念お題5