突発的アンケート結果発表


■このページのメニュー
 ・前置き
 ・アンケート項目
 ・投票結果
 ・何かしら結論を出そうとしてみた
 ・謝辞


■前置き
 2008年2月26日〜3月26日の1ヶ月間、管理人の勝手な欲望から投票システムを設置し、アンケートを実施いたしました。
 突発的に思いついてノープランで始めたため、不備があったかもしれませんが、沢山の方にお答え頂くことができました。ありがとうございました。

 さて、いつの日かここを見た時のため、どういう条件のもとに行ったのかわかるよう、経緯を書いておきたいと思います。
 先ずアンケートは1箇所、indexページの更新状況のすぐ下に、簡単なラジオボタン式で設置しました。「どの小説が1番いいと思いますか?」という微妙な質問のもと、投票は1人1つ、1日1回まで。
 アンケート項目は2月26日の時点でアップが完了しているもので、シリーズの企画モノはシリーズと同等とみなし、シリーズ混合型と3周年モノだけ別枠としました(が、これも後で考えたら、短編とつながってる3周年モノがあったり、きちんと分けられてなかったなあ…と。反省)。具体的な選択肢は以下です。

■アンケート項目
【長編・シリーズ】
 SUGAR BABY  君は無口  ステップス  嘘から始まる
【中編・短編】
 パーフェクトゲーム  歯磨き男と私  振り向かない男と私  気まぐれ女と俺
 求めよ、さらば  ねえ聞かせてよ  サクラ染まる  白い純粋
 バレンタインの神様
【企画モノ(3周年)】
 百花繚乱  マドロミ  the WIND  鳥の人
 芙蓉の花  君は僕の輝ける星
【企画モノ(混合型)】
 あなたに左手の届く距離/あなたに触れたこの右手(セット)  ベツレヘムの星
【異色モノ】
 王女の王女探し  ジローさんと私  京にしとしと雨の降る 雨の船
 夢語り  子豚の物語  君の声が聞こえる  花待つ、人

 ……こんなに沢山書かれてもって感じですよね。でも選べなかったんです。ピックアップできなかった。じゃ全部! と並べて設置しちゃった。質問形式が悪かったかも。「1番」じゃなくて「好きな感じ」とかにすれば良かったかな?

 いいから結果を早く教えてよってところですが、まだ思うところがあります。
 ワタクシ、こんなアンケートをしてみたものの、1つ懸念を抱いておりました。
 どうしよう、アンケート目的がはっきり見えてない!
 ああ、怒らないでください…。
 多分、皆さんの中にもしかしたらちょっとレアな傾向の方がいっぱいいるかもしれない! という淡い期待を抱いたんじゃないかと。2番目にいいと思う話、っていうわけでもなく、なんだろう。とにかくこのサイトのレア度をはかりたい? うまく言えません。なんとなくでいいから皆さんのお気持ちが知りたかったのかな。ひょっとして面白い結果が見られるかもしれないとか。アンケートそのものがやってみたいのかも。イベントはお礼話を置けば参加率が上がるのか知りたいし。ダークホースも知りたいな。この結果次第で次にやることを決めるのもいいかも。云々かんぬん……

 そろそろ言い訳はやめて。
 さあいよいよ結果をお見せします。
 すごいです。もう結果はなんとも申せません。ある意味予想通りなんですが、とにかく失敗しました。こちらです。ジャン!

■投票結果
ああ!

 もうわかっていました。わかってましたよ。だけどこんなにダントツになっちゃって、投票が入ってるのに0%になってしまう事態を引き起こしてしまいました(泣)。なんと言うことだ! やっぱり聞き方を間違えた、わしはアホじゃ!!
 ええと、下の方の「何この0%て。0票?」みたいのは、割合として1%未満ということで、得票はあります。票が入らなかったものは表示されていません。しかもこの0%たち、実は各得票数が微妙に異なってたりします(なんか恥ずかしかったので得票数を出さない掲示にしてますが…)。緑の線はその票数の線引きに私が付けたものです。
 気になって気になって毎日結果をこっそり覗いていたんですが、1番上ばっかりどんどん棒が伸びていくのを目の当たりにし、「この結果は、まずい気がする〜」と反省しました。もちろん『SUGAR BABY』に票が入ることを否定してるわけじゃなく、票の偏りが激しく出てしまうようなアンケート方法を取ったこと、そう、私自身への猛省です。
 アンケートって、細かくあれこれ質問に答えないとならないのは、面倒じゃないですか。好意でやってるのに、ものすごいしんどい上、エラーとか出たら、もうやめるし。だから単純にしようとしたのはいいですよ。間違ってない。やったことも良かった。設置場所も間違ってない。indexに来ない人もいるだろうけど、それは仕方ない。
 ただね! この結果をどうつなげていいかわからないYO!
 いや待て、それを決めるのはいろいろ検討してみてからだ。ちゃんとやんなくちゃ。

■何かしら結論を出そうとしてみた
 先ずは%があるのものを見てみます。2%っていっても、ちゃんと2桁あるんですよ。
 意外にも、シリーズものより『パーフェクトゲーム』が上に来たのは面白かったです。『ステップス』は掲載当初なんだか知らぬ間に受賞(?)されて以来、自分の中ではずっと看板くらいに考えていたんですが、兄ちゃんのが強かったんだね。
 『君は無口』が2番目にあがったのはホッとしました。終わって間もないし。これなら、クロスオーバー書いても読んでもらえるかもしれない。
 それにしても『SUGAR BABY』はお見事。この数の組織票(??)は考えられないので、やっぱり大勢の人が押してくださったんですよね。「どれが面白いですか」じゃなくて「どれが1番いいですか」っていう管理人のビビリを表すような質問でも、これだけの数を得られたんなら…なんて喜んじゃう。
 連載中という条件を加味してもしなくても、これに票が入る理由はなんでしょう。…そうか、ここで「Q2.Q1であなたがそれに票を入れた理由はなんですか?」とか訊けば良かった! ノープランがばれますな。しょうがないから自分で考えよう。結末までの紆余曲折が長いから…とか?
 MIYAKOが読者だった頃、実はくっつくのくっつかないのがはっきりしないまま長く続くのが苦手でした(胸が苦しいから)。だから早く結末が見れる方が好きだったんですが、世論は違うのかも。前段階がたくさん書き込まれてる方が好きなのかも。そしてじりじり悶えるのがいいとか。そう考えるとこの順位は納得ですもん。まさにそういう順序に見えます。
 ストーリーの山谷は、長ければ書き込みも深くなり激しくなる。両想いを目的とするならばそこに至るまでの工程も必然的に長くなり、焦れる度合いも強まる。つまり私は単純に長編だから長くて短編だから短いだけ、と思っていました。だけど恋愛小説においては長い方がその胸のドキドキ感が続く、というストーリー以外での理由が付くのかもしれない。あとは、男は女のこと好きじゃなくて女は男を猛烈好き、という話よりも、両想いなんだけどなんやかやでなかなか結びつかない、みたいな方がいいとかね。もちろん、話の善し悪しは前提としてあります。それとは別に、長編と短編どっちが好き? と聞かれたら、長編と答える人のが多いかもしれない、という想像をしてみました。
 次は下位層にいってみよう。

 この下層結果はちょっと嬉しかったですね。けだし適当に投票するなら『SUGAR BABY』に入れると思うんですよ、その中であれこれ票が入ったこと自体、奇跡じゃないですか。
 サイトメインの小説が集中的に評価してもらえたことは、メインとしてやってることの正当性になるので良かった〜という感じ。
 そしてこの小さな票は、サイトの地味な部分も読んでくださっている方もおられるという証明。また違う嬉しさ。
 この下位層、ジャンルも書かれた時期も傾向もバラバラです。評価は難しいけれど、混合型に票が入ったこと、恋愛小説を求めてここに来られたのでしょうに恋愛未満みたいなのを評価してくれた人がいることに感動ですね。どうやら私、混合型の話は好きみたいなので、これからもまたやらかす予感があります。
 ちなみに、私がテストの段階で投票したのは『芙蓉の花』。残念ながら得票ならず。無念

■謝辞
 というわけで、以上のような所感を得ることができました。
 結局結論つけきれてないですけれど、小説という形でのフィードバックは行います。きっと。ご協力頂いたからにはそれを活かさないとですものね。少なくとも『SUGAR BABY』のスペシャルおまけは出ますよ! (連載終了後ですが)
 また、お礼話としてリンクしていた3つは頃合を見計らってサイトに上げると思います。直近ではお礼の意味が薄れてしまうので、ちょっと先の日に。お礼とも呼べないような話でしたが、多少なりともアンケートへの意欲を見せたかったのでした。
 末筆ながら、ご来訪くださいました皆様にご協力いただいたこと、改めて感謝しております。これをもって“皆様の総意”と採るのは違うのかもしれませんが、日記にも書きましたように、MIYAKOが打ったイベントの中で過去最大の盛況であり、こんなにも多くの方が参加くださったことが何よりの結果だと思っています。ありがとうございます。
 それでは、いつか懲りずにアンケートやる際には、またよろしくお願いします〜

2008.4.5 MIYAKO排