牛歩的アンケート結果発表


■このページのメニュー
 ・前置き
 ・投票結果 Q2 Q3 Q4 Q1
 ・謝辞


■前置き
 1回目と2回目が近すぎたので、自分で「最低1年は寝かすこと」というしばりを設けたつもりでしたが、よく考えたら2回目からは1年経ってませんでした。まあ今回は「5周年のネタを考えるの少し手伝ってもらいたい」という甘えがあったので、よしとしよう。
 アンケート手腕は牛の歩みで進歩してるはずです。全問任意、1度聞いたことを聞かない、選択の幅を広げる、あまりたくさん問わない。よしいける! と思ったのも束の間、今度はアンケート用CGIの方でつまずいてしまいました。求める機能内容「複数設問設置」「ラジオとボックス選択両方可」「コメント欄設置」「結果は管理人以外非公開」「自動集計」(←!)とアンケートとして至って普通の気がするのですけど、「タグでindexと同一ページ内設置したい」がネックになって、なかなか……。どれかを諦めるか勉強するか、もしくは有料にするかという悩みに惑わされ、結果として「コメント欄設置」を諦めたのでした。滅多にない生の声と自分じゃ思いつかない案を頂けるかもしれないのに…なにかあれば拍手やメッセージフォームでくるだろうとか、かなり混乱した状態で。後から「死ぬ想いで自分で集計すれば良かったんじゃ…?」と思ったところで完全に祭り状態です。

 というわけで、期間2009年3月14日〜4月14日の1ヶ月間、indexページ内設置、質問数は4、全問任意、投票は何回でも可能でgo。めんどくさければQ1だけでもという配慮のつもりです。大事な設問を1番上に持ってきて、おまけを2問目以降にしてみました。


■投票結果
 メインディッシュはラストに。趣味の方から見ていきたいと思います。なお「go」というボタンは、その項目回答者別に他の設問への回答分布が見れるようになるボタンです。

Q2.お住まいのエリアは?

 じゃーん! これですこれ! 実はMIYAKOが1番興味を持っていた設問でした。
 結果は、関東はまあ当然として、なんと九州が2位に。下位の%並んでるのは四捨五入もあるかと。その他は海外を意識したものではなく各県でささやかな造反があれば、という自分なりのギャグでした。さすがに0。沖縄も無念0。全国統一ならず。
 それでもだいぶ興奮しました。というか、ちゃんとネットの世界繋がってる〜というのを実感しましたです。私はこの1点からしか発信してないのに、遠い場所にいる人までも受け取ってくれている、なんて素敵じゃありませんか。逆に、ホームグラウンド圏の方は知らずすれ違っているかもですね。わからないけどニアミスしてる、なんてそれこそ小説みたい。琉球王国にもいつか知ってもらえるといいな。
 とりあえずこれで胸を張って日本全国にこのサイトは門戸を開けていると言えます。良かった、ちゃんと通じてて。


Q3.いつ頃からこのサイトに来ていただいてますか

 第2回の時は小説傾向等にスポットをあてていましたが、今回はご来訪者の雰囲気をつかもうと質問事項を絞りましたので、こんな質問にしてみたところ綺麗な山型グラフ。
 これは……。2007年といえばSBを連載始めた年。更新頻度を格段に飛躍させた年でもありました。ここでお近づきになれた方が多いのでしょうか光栄です。余談ですが、SBを検索登録するのに2〜3回申請出しても通らなかったことがあって「もしや卑猥な用語が多いから!?」と気づくに至り、申し訳ございませんメールを管理人さんに出したことがあります。まあ結果として登録ミスなだけだったらしいですが。元気に載りました。
 驚くべきは開設当初からの方。こんなに!? 思い返してみてもなんと無知蒙昧な輩のサイトであったことか。まだ検索にもろくに登録しておらず、とにかくサイト作りに必死で、日記なんかも可愛いこと書いてたっけ……。初めての来客数は50人くらいだったような。嬉しかった。2006年は小説を書く時間がとれずに更新もかなりおろそかだったのに、それでも続いてる方もおられるんだなあと感謝の限りです。
 去年〜今年にかけての方こんにちは! 私のサイトも5年もの歴史を持つご長寿さんになりました。これからも見守って頂けると嬉しいです。


Q4.どの位のペースで来ていただいてますか

 頻度については一応ということで。面白いので大体1位予想をつけてみるんですけど、外れました。更新ごとだと思っていたんです、検索サイト様をきっかけにお越し頂いてると思ったので。でもアンケートに答えて下さった方は訪れたい時に訪れてくれるというスタイルを貫いてるんだなあ…それは、私のサイトが皆さんの時々の生活の中に染み込んでいるのかしら、とちょっと嬉しい。だって「あっ、そうだ、久しぶりだし見てみようかな」という中に私のサイトが組み込まれていたらそれは最高ですよね!
 そんな中、毎日……! ほわわどうしよう。いいサイトに育ったなあお前! どうかあなたにとってここが心に残る言葉を提供できる場所でありますように。
 ではいよいよメインディッシュ。


Q1.5周年企画やるとしたら(複数選択可)

 ぬうっ……
 こう言ってはなんですが。私は「読者参加型」を相当期待していました。なんでかっていうと、自分だけで考えるより色々テーマもらえたらかなり楽しい・楽かな…なんて。でも結果はご覧のとおり「2.MIYAKOが考えた何かの番外編小説を発表する」。わかりましたよ、私の好きにしていいってことですね? 頑張りますよ!? 任されたからにはどの小説を選んでも恨みっこなしでお願いしますよ……!
 それにしても。一番最初に5周年にやってみようとしてた「4.アンケートでストーリーの分岐点ごと方向性を決める」はビリだったので、アンケートやった甲斐があったってことです。あばばあぶないあぶない、話が進まなくなるところだった。どうやら全体的にMIYAKOが勝手になにか話を考えなさいよというご意見が多いみたいなので、こんなことしてる間に小説の1本も書いた方がよいようです。しかし時に人は現実逃避したくなるものです。いつまで逃避するかは……頑張ります。


■謝辞
 お礼もないのに殆どの方が1問目だけでなく全問お答えくださいました。富士山よりも高い高邁なお志に下賤の民のように地べたに這いつくばって御礼申し上げる次第でございます。ありがとうございました。中学高校は3年で卒業。アンケートもそろそろ卒業すべきでしょうか。とまれ期待にそえるような5周年話を書くことが先決ですね。最初の一文は何にしようかな。(以下に構想中文章を載せていましたが、本文掲載に向け削除2009.6.15)

 ――では、5周年でお会いしましょう!
2009.5.11 MIYAKO排